CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ありがとうございます! | main | 本日朝10時より、チケット発売開始!! >>
秋の洋館ミステリ劇場 チケット発売は8/18日曜日午前10時から

先週、リーディングシアターが終わったばかりですが、

恒例の秋の洋館ミステリ劇場の稽古が始まりました。

結果的に坂口安吾イヤーになった2019年の、最後の坂口安吾作品です。

 

安吾は、「堕落論」や「白痴」、「桜の森の満開の下」等、強い印象を残す作品群がもちろん有名ですが、

はじめて書いた探偵小説「不連続殺人事件」が第二回探偵作家クラブ賞を受賞したほどの探偵作家でもあります。

 

探偵小説について安吾は、昭和23年に以下のような挑発的なことを書き残しています。

「推理小説というものは、文学よりも、パズルの要素が多い」

「日本には、今まで、一口に探偵小説と称しても、主として怪奇小説であり、推理小説というものは殆ど行われていなかった」

「日本古来の文化教養には論理性が不足していたから、推理小説も発達する地盤がなかったのかも知れない」

「推理小説は職業化すると書けなくなるという性質がある」

と、なかなか辛辣です。

 

その当の安吾はどんな探偵小説を書いていたのか?

 

ぜひ確かめに、国登録有形文化財の京都・栗原邸、大阪・青山ビルにお越しください。

------------

京都公演は、琵琶湖疏水沿いに建つ、昭和4年竣工、本野精吾設計の国登録有形文化財の山科・栗原邸で。

 

大阪公演は、蔦に覆われたレトロビル。大正10年、個人住宅として建てられた、国登録有形文化財の北浜・青山ビルで。

今回の青山ビル公演も昨年同様、「生きた建築ミュージアムフェスティバル」連携公演として
ガイドブック等でも紹介していただく予定です。

 

作品のタイトルは、
『洋館ミステリ劇場 坂口安吾「奇術師の眼力」』

チケットは京都公演、大阪公演ともに、
8/18日午前10時からの発売予定です。

 

【京都公演】@栗原邸
9月21日(土)     14時30分/18時
   22日(日) 11時/14時30分/18時
   23日(月祝) 11時/14時30分

【大阪公演】@青山ビル
10月13日(日)     14時30分/18時
   14日(月祝) 11時/14時30分/18時

   19日(土)    14時30分/18時
   20日(日) 11時/14時30分/18時
   21日(月) 休演
   22日(火祝) 11時/14時30分

 

チケット発売は8/18日曜日午前10時から

| 稽古場日誌 | 13:55 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:55 | - | - |
コメント
コメントする