CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 洋館ミステリ劇場、朝日新聞の「A+1」に掲載されました。 | main | 楽しみです。 >>
『百鬼のうちの一鬼』

はじめまして!
細田彩乃です。
稽古日誌に登場するのは初となります……が実は『洋館ミステリ劇場』のどこかに最近いつもいます……さて、どこでしょうか!!!

 

ヒントは『玄関にいます』

 

 

答えは、『受付』でした!

 

受付で皆様をお迎えしてた私が何故役者として今回参加しているのか……。
ミステリーですね(;・ω・)
ちなみにこの謎は解けていません……笑

 

さて憧れの役者さんたちと練習に励んでいましたが、この三連休は、まさかの天気が大荒れ!
雲行き怪しいなか、なんと!
G-フォレスタ舞台メイクと言えばこの方!
長田さん登場です!

 

 

メイクの打ち合わせに来てくださいました👏
杉本さんと和やかに打合せしてらっしゃいます(*^^*)
そして!まさかのご褒美✨
長田さんがパリ土産に美味しいチョコレートクッキーをくださいました!
ありがとうございます!!

写っていませんが、皆でもしゃもしゃ食べてます(*^^*)

 

G-フォレスタ舞台稽古にがっつり参加するのは、今回がはじめての私。

今まで知らなかったことをたくさん知りました。

 

 

稽古前のウォーミングアップさえ手を抜かず真剣であること。

私が憧れ、天才だと思ってた方々は『感性の化け物』であり、『努力の天才』であるということ。

 

演出家の指示に、役者が答える。
正解の曖昧な『役』に答えを出していく、しかも『答え』は役者によって違うのです。
物語の中で、その役を生きている『役者』という『感性の化け物』は天才だけでは片付けられない努力をしています。
洋館ミステリ劇場の台本は台詞も多く、そして現代では使われない言い回しが多く出てきます。
それを『努力』によってクリアしていく。

 

正に『化け物』だと思います。
そして私は百鬼のうちの一鬼を担わなければなりません。
本当に微力ですが笑
ちなみに私の役どころは演出家いわく『飛び道具みたい』らしいです!
私自身は空は舞いません、ご了承ください笑

 

作品、衣装、メイク、役者、そして今回の舞台である『青山ビル』、見所はたくさんあります!

 

現在ご予約できますのは
10月7日(土) 11時開演
10月9日(月祝) 11時開演の二公演です。

 

ご検討いただければ幸いです(*^^*)

それでは青山ビルでお会いできることを心から楽しみにしております。

 

細田彩乃

| 稽古場日誌 | 01:54 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:54 | - | - |
コメント
コメントする