CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
小道具、衣装、舞台美術にもご注目ください

ども、キャスト最年長、田中です。お久しぶりです。
皆様、お元気でしょうか?
梅雨だというのに雨が全然降らない今日この頃ですね。

突然ですが、今回も「案内人」を演じます。(いきなりネタバレです。)

そして、持てば動きに制限が加わるのですが、演出から指示があり、

やはり「杖」を持つことになりました。(さらにネタバレです。)

 

写真まで載せると完璧なネタバレになるのでやめておきますが、

この「杖」は私の大のお気に入りです。

ある生き物が杖に絡まって大きく口を開けている形になっています。

インパクトがあるようにと、ヘアメークのスタッフさんが

かなり以前の公演の時に作ってくださいました。以来舞台には何度も

登場しているので、覚えているお客様もいらっしゃるかもしれませんね?

 

そして今回は昭和レトロ激動トラウマ編のサブタイトルが表すように、

G-フォレスタが得意の昭和初期、西洋館が舞台。

スタッフさんが工夫をこらした衣装や、雑誌や傘、ピストルなどの小道具

たちもレトロ感満載です。

舞台美術はスタッフさんが鋭意製作中だそうです。

仕込みの日に初めて実物が見られるから、どんな西洋館になっているのか?

お客様と同じように私たちも公演当日をとても楽しみにしています。

個人的にはレトロなラジオがどんな風に出来上がってくるんだろうと、

期待しているところです。

 

そんな舞台で繰り広げられる「誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。」

激動の昭和初期、時代に翻弄されながら生きていく家族に起こった

殺人事件、誰が犯人なのか?全員が犯人なのか?

あなたの想像力で犯人を推理してみませんか?


公演まではや10日あまり、稽古にもますます熱が入っています。
まだ残席がありますので、ぜひ劇場で皆様とお会いしたいと思います。
田中幸彦でした。

| 稽古場日誌 | 23:00 | comments(1) | - |
祝!10周年
いつもお世話になっております。
遊気舎の西田です。



Gフォレスタさんに初めて出演させて頂いてから10年になるそうです。

Gフォレスタさんにとっては特に記念するような公演ではありませんが、自分では勝手にGフォレスタ10周年記念公演と銘打っております。

20周年記念公演まで、今後とも末長くよろしくお願い致します。

10年後は還暦記念公演にもなり、より一層おめでたい公演になりそうです。


| 稽古場日誌 | 18:18 | comments(2) | - |
本番もいよいよ今月末に迫り…
お邪魔いたします。
今回出演させていただく南森町グラスホッパーズの倉増哲州と申します。

本番もいよいよ今月末に迫り、稽古もこれから佳境に入ってこようかという、今回の作品『誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。』

今回もなかなかの骨太な作品です。
そこに出演させていただく役者としては、楽しくも悩んだり試行錯誤の稽古の毎日です!

そしてG-フォレスタさんのお客様には特に人気のミステリー。

やっぱり登場人物には、色々な事情があったり、背負ってる思いがあったり、、
一癖も二癖もある、一筋縄ではいかない人たちばかり。

でも、チラシにも書いてあるように
「この中に悪い人は一人もいません!」


稽古のワンシーンをパシャっと撮影。



なんか素敵な写真がとれたなと♪

でもあれ?



この写真の端には




花田圭さん!

どうしたん!?

稽古の邪魔にならないよう、端から共演者の稽古を真剣に見つめる花田さんでした♪




本番まであと3週間ぐらい。
素敵な作品になるよう、みんなで作品と役と向かい合って稽古に励んでおります!

憎めない、愛すべき人たちのお話。
『誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。』

劇場でお会いできるのを楽しみにしております!

今のところ金曜の夜と、土曜のお昼の回、まだ観やすいお席があるみたいですよ♪
| 稽古場日誌 | 22:25 | comments(2) | - |
お世話になっております。
お世話になっております。なつみあやです。久しぶりにガッツリと、稽古に参加しております。

家族の愛憎劇と言えば重たいですが、「愛」の裏の哀しみ、「憎しみ」の裏の愛情、そして無償の愛。
自分は一体どの愛を感じているんだろう…全部だな、うん。(笑)



最近のドラマで不倫物が多いですが、これも一つの形?
表裏一体で、狂気にも変わるけど。
そして、その役を演じてる役者さんがネット上で好感度だだ下がりとか。
ドラマと本人をダブらせるなんて役者冥利につきますが、実際は大変でしょうね。



先日、女子だけでミーティングを行いました。本公演の名前しか出てこないキャラクターって、どんな人だったんだろうね〜と話しておりました。
実際の役者さんを出して、「こんな感じだったんじゃない〜」って。
その内、あの人はダメね〜とか、好きなのよね〜とか、演じるキャラクターになりきって盛り上がってしまいました。
男性陣がいなくて良かった(笑)



今週は、演出の丸尾さんが不在の為、「アルマジロー」君を置いて稽古に励みました?

それでは皆さま、劇場でお目にかかれますように。




| 稽古場日誌 | 18:55 | comments(2) | - |
ましまし
みなさまご無沙汰しております。お待たせしました。山崎でございます。

1年ぶりの本公演に出演します!

久しぶりの稽古場はあついです。気温も暑いですが、役者さんの演技が熱いです。とにかく体力を使います。

さて、稽古の合間の夕方に食事休憩になるのが慣例の我が劇団。今日は行きつけのラーメンさんへ久しぶりに行ってみることに。

カウンターに座ってメニューを見てみると、なんと「二郎系」が新たに加わっているではありませんか! これはぜひとも食さねば!!

二郎系ラーメン・・・東京発祥の極太固麺で、野菜、背脂、カラメ、ニンニクは無料で増量可能。並、まし(増し)、ましまし(増し増し)の量で表現される。並でもかなりのボリュームで、ようはドカ盛りラーメンなのです。
休憩後も熱い稽古が展開されるのは必定。ここは体力をつけておかねば。

共演者には大変申し訳ありませんがこっそりニンニクを・・・背脂の増量は危険なのでパス。その代わり、野菜はましましに挑戦。
同じカウンターで待つ丸尾さん、倉増さん、花田さんも同じく二郎系をオーダー。男の静かな戦いが始まろうとしている。しかし、ましましは僕だけ。しばし優越感に浸る俺。

待つこと数分。やってきたラーメンは超テンコ盛り。さすが二郎系。「二郎はラーメンではなく二郎という食物である」の名言通り。

これはやっちまったぞ俺・・・。しかし、彼らに後悔を悟られてはいけない。演技派の僕。優雅に黙々と美味しそうに食す。堆積する野菜でなかなか麺まで辿り着けない。そして、辿り着いた麺は想像以上の極太固麺。食が進む毎に無口になっていくのが分かる。ただ、笑顔だけは絶やさないように・・・・・

笑顔(のはず)でごちそうさまでした・・・

休憩後の稽古は大変でした。時間が経つにしたがってお腹の中で暴れ出す二郎。
そこは演技派の僕。みんなには悟られていないはず。ただ今後は食べ過ぎに注意しよう。

本番まであと1ヶ月。今日のラーメンで体力アップ(のはず)。テンションましましでみなさまのご来場をお待ちしております。

| 稽古場日誌 | 08:41 | comments(3) | - |
もうすぐ5月も終わろうとする稽古場で

私「おはようございます。」
ヘモちん「おはようございます。」
私「暑い日が続くようになりましたねー。
5月が終わります。梅雨をぶっ飛ばして、もう夏ですよ、夏。」
ヘモちん「どうしたんですか?」
私「この暑さ!汗が、ヤバイです。まるで溶けていくようです。いや、今年は溶かしているんですが、、、
とは言え、熱い。」
ヘモちん「溶かしている?」
私「アレ?溶かしている組ですよね?」
ヘモちん「???」
私「要するに、ダイエット(笑)」
ヘモちん「あ、そう言う事ですね。」
私「と言う事で、私と杉さまとヘモちんの3名はダイエットしています。」
ヘモちん「ちょっと!!」
私「もう逃げ場はない。これで稽古場でチョコとか食ってる場合では無くなっただろ〜。わー、はっはっはー。」
ヘモちん「大丈夫です!」
私「何が?」
ヘモちん「そんなモノすぐさま消費してしまうんです。この稽古で。」
私「そうだと良いね。お互い、がんばろう。」

私「それはさておき、今回は家族の物語」
ヘモちん「色々な仕掛けがされています。」
私「時代背景も、そのひとつ!!
サブタイトルは伊達ではないのですよ。」
ヘモちん「昭和モダン激動トラウマ編」
私「本当に激動の時代なんですよ。
それが、どんな形で現れるのか?
役者陣がどう生きていくのか!
楽しみでしょう??」
ヘモちん「そんな物語に色どりを加える登場人物は、」



私「なつみあやさん」
ヘモちん「パチパチパチ」
私「涼やかな感じで稽古場入りです。」
ヘモちん「そっちですか?」
私「何が?」
ヘモちん「ファッションチェックみたいですけど。」
私「斬新な企画かなと。もちろん、そんなチェックなんぞ出来ないけど気分だけでお伝えします。」
ヘモちん「あ、そうなんですね。
で、次の犠牲者は誰ですか?」
私「犠牲って言わないで。
お次は、前日にキチンと宣言しておきました。この方!」



ヘモちん「倉増哲州さん」
私「個人的に、入ってくる所を撮れなかったのが心残りですが、
『本当にやるんですね。』
って、このすぐ後に言われました。
『もちろん、有言実行です。』
って、答えておきましたよ。」
ヘモちん「この舞台では、新しい倉増さんを観れると思いますよ。」
私「ちなみに、この2人はあの役と」
ヘモちん「って、ダメです。その辺りは、まだ秘密と言う事で。」
私「そうだね。ついつい。」

ヘモちん「さて。最初にも言いましたが、
家族の物語」
私「個々のキャラクターの色どりが加わり、どう溶け合っていくのか。」
ヘモちん「是非、お楽しみに!!
って、それが言いたかったんですね。」

私「まぁ、とにかく、
本公演のご案内、ご案な〜い!!」


G-フォレスタ
『誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。昭和モダン激動トラウマ編』
作・演出 丸尾 拓

【あらすじ】

1938 年、父を無くした家族。
人里離れた西洋館で暮らす母の誕生日。
そのお祝いに家族、親戚が集っていた。
深夜、コンサバトリーで母が殺される。
そこに佇む長女…。
翌朝、とある事情で警察に死体が見つかるや否や「自分が犯人だ」と言い始める家族。
折からの悪天候で、陸の孤島化す洋館で何が起こっているのか?
いったい誰が犯人なのか?

少しずつ家族の哀しい過去が明らかになる…。


【日時】2017年
・06月30日(金)19時
・07月01日(土)12時 / 16時
・07月02日(日)14時

【会場】
神戸アートビレッジシアター KAVC
※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分、
JR「神戸駅」より徒歩約10分

【チケット料金】
¥3500(全席指定)

【ご予約】

下記フォームに必要事項をご記入ください。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=4337261cf6


G-フォレスタ

二人「是非、遊びに来てくださいね!!」

| 稽古場日誌 | 12:45 | comments(3) | - |
劇場版ミステリ

こんにちは、森 優子です^^

5月も下旬に入り、より暑さが増してきましたが、

皆さまはお元気でしょうか?

 

 

早いもので、顔合わせから一ヶ月が経ち、

稽古場での熱量も、日に日に増してきています。

各役者が創り上げていく各々の役に、演出の指示が入ることで

細部がより磨かれ、作品がどんどん立体化されていきます。

 

20日(土)は、稽古場に舞台美術の久太郎(Anahaim Factory)さんがお越しくださいました。

舞台装置について、演出の丸尾との打ち合わせです。

 

こうして、公演本番の舞台プランが練られていきます。

 

この芝居の為だけに創り上げられる舞台装置は、今回だけしか味わえないもの。そして、そこが物語の登場人物が生きる空間になる。

さて、はたして客席からはどんな舞台が観られるのでしょうか(^^)

また、翌日21日の稽古には、劇中に使うラジオの録音に、

音響さんと役者さんがお越しくださいました。

これがまた当時の時代を再現するのに、細部に拘りながら音がつくられていきます。

時代を象徴するこのラジオからは、劇中何が語られるのでしょうか?

どうか当日を楽しみにしていてくださいね^^

 

さて。

丁寧に、かつ着実に創り上げていく日々ですが、

稽古の合間にはふと和むひとときも♪

 

 

しかし、稽古に入ると先ほどまでの和やかな表情は一変して、

真剣な空気に切り替わります。

そうして、今回の「誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。〜昭和モダン激動トラウマ編〜」は、創られていきます。

 

今回の作品は再演ですが、

時代背景や、役者や、創り方等から、

初めてご覧くださる方はもちろん、前回をご覧になられた方にも、

以前とはまた違ったものとして観ていただけることと思います。

ミステリー劇と言えば、犯人を当てるという要素もありますが、

それだけではないこの作品。

随所に色んな思いが込められていて。

それは、この劇場版ミステリだからこそ感じていただける醍醐味です ♪

 

ひとしきり稽古で汗を流した後は、

今回の公演の前途を祝して、乾杯!♪

 

 

皆さまに、当日劇場でお会いできることを心より楽しみにしています(^^)

 

 

チケット絶賛発売中!!

**************

G-フォレスタ#24

「誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。〜昭和モダン激動トラウマ編〜」

 

【日時】
6月30日(金)19時(ちょっとしたお楽しみあり)   
7月 1日(土)12時・16時    
7月 2日(日)14時 
※開場は開演の30分前、受付は開演の45分前です。

 

【会場】神戸アートビレッジセンター KAVCホール
※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分、JR「神戸駅」より徒歩約10分

 

【チケット料金】3500円(全席指定)

 

★お申し込みは、こちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=4337261cf6

 

または、

ticket@g-foresta.com まで

お名前、ご連絡先、ご希望の日時と枚数、ご住所をご連絡ください。

 

お一人でも多くの方のご来場を心よりお待ち申し上げております。

| 稽古場日誌 | 23:36 | comments(3) | - |
あつあつ
どうも皆様、稽古日誌の時間がやってまいりました。
今回担当させていただきます、RandomEncountの花田圭というものです(*´ω`*)
よろしくお願い致します。



さてさて、今回の物語はミステリという事で稽古場もぴりぴりしてるのかなっと思っていたのですが、そういった事はなく稽古休憩では和やかな雰囲気が漂っています。
ただ、稽古が始まると一気に熱量があがりお部屋の温度が何度か上がる程になります。
その為、休憩の時は窓と扉を全開にしています。




あ、森さんがピースしてくれました。
もっと近付いて……





あ、ばれた笑





今回、生田さんとコンビを組ませていただいています。
上司と部下の距離感。
色々と新しい試みにもチャレンジさせていただいてます。
頭を悩ませながらも本番に向けて全力で挑みたいと思います。




(注)これはイメージ図です。



本番まであと一カ月とちょっと。
熱量を上げに上げて真剣に遊びたいと思います!!
ではでは、はなだでしたーι(`ロ´)ノ





かみんぐす〜ん。
| 稽古場日誌 | 23:43 | comments(2) | - |
ミステリードラマに思う

杜香(もりか)です。(^^)

 

今年もまた来ました、門戸厄神さん。公演関係者みなさまの安全と、公演成功を祈願して参りました。
毎年無事に公演をうてるというのは本当にありがたいことだと、ここへ来るとあらためて思います。<m(__)m>

 

ところで40年続いた「土曜ワイド劇場」がとうとう終了したそうですね。

どこのチャンネルでも、サスペンスだのミステリーだのそれ以外だの…と2時間ドラマが競うように放映されていた時代がありましたが…。

 

左より今回の客演の倉増哲州氏、森、杉本、今回の客演のなつみあやさん。→

 

視聴率とやらだけでみれば2時間ドラマというのはかつてほど人気がないのかもしれないけども、いまだ根強いファンの方はいるのではないでしょうか?

それなのにテレビで気軽に「2時間ミステリー」が楽しめなくなるなんて、さびしい限りではないでしょうか?

 

事件が起こり、犯人を推理し、事件をとりまく愛憎劇に時には驚き、時には涙する…2時間ミステリー。
たとえテレビで見られなくなっても、G-フォレスタでなら観ることができます!

 

 

←左より、杉本、山崎、倉増氏、中佐
 

しかも、劇場ですからテレビとちがって臨場感抜群!自分もその事件の渦中の人になった気分になれます。
それに劇場で他のたくさんのお客様と一緒に物語の展開にドキドキワクワクした方が、テレビの前で一人で見るより面白さが増幅される作用があるのです。

 

今ならまだお席はございます。ひとつ、劇場で観る「面白さ増幅作用!(^^)!」を体験しにいらっしゃいませんか?
お待ちしております。<m(__)m>

 

 

左より、杜香となつみさん→
 

【タイトル】
G-フォレスタ#24 「誰モガ自分ヲ殺人犯ダト言フ。〜昭和モダン激動トラウマ編〜」

 

【日時】
6月30日(金)19時(ちょっとしたお楽しみあり)   
7月 1日(土)12時・16時    
7月 2日(日)14時 
※開場は開演の30分前、受付は開演の45分前です。

 

【会場】神戸アートビレッジセンター KAVCホール
※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分、
JR「神戸駅」より徒歩約10分

 

【チケット料金】3500円(全席指定)★チケット絶賛発売中です!!(^^)!

 

【チケットのお申し込み】
チケットお申し込み専用アドレス ticket@g-foresta.com

…まで、お名前、ご連絡先、ご希望の日時と枚数、ご住所をご連絡ください。

 

 

| 稽古場日誌 | 02:10 | comments(4) | - |
本公演のお稽古はじまりはじまりです。
こんにちは!
中佐です!

本公演のお稽古が始まり、
まず最初は本の読み合わせから……
何回か読んで、演出からの言葉をもらいながら、役どうしの関係性を深めていきます。





こちらは
衣装さんが丸尾さんと一緒に衣装プランを見ながら話し合っているお写真。



こうやってだんだんと本番に向けて作りあげていってます。


最後のお写真はこちら。


皆でお稽古の休憩に夕ご飯を食べにいこうとしている後ろ姿……

なんだかほんのちょっぴりカッコいい……ですよね(笑)
ご飯食べに行くとこですけど(笑)



さて!チケット発売も始まり、ますますお稽古にも力が入ります!
皆さん、ぜひ!
見にいらっしゃってくださると中佐が飛んで喜びますので劇場に会いにきてくださいね(*^_^*)

中佐和葉

| 稽古場日誌 | 23:31 | comments(4) | - |
| 1/46PAGES | >>