CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
和館S邸ふたたび。

JUGEMテーマ:芸能

 

秋の洋館ミステリ劇場の季節の前に、

神戸北野にある古民家「和館S邸」で、朗読劇を催します。

この「和館S邸」が9月から、自家焙煎の美味しいコーヒーが売りの、

古民家カフェとしてオープンします。

 

その直前の朗読公演となります。

 

 

今回の内容は、前公演で取り上げた「坂口安吾」をテーマに、

短編3本のお届けです。

 

 

坂口安吾の初期作品には軽妙な短編がたくさんあります。

その中のひとつで、安吾を文壇デビューへと導いたファルス(笑劇)作品『風博士』、

作家・牧野信一がその才能を認めて…というエピソードで、「偉大なる落伍者」でも取り上げました。

 

この作品を生田克正をメインにお届けします。

 

 

また安吾がその作中において

「人生においては、詩を愛すよりも、現実を愛すことから始めなければならぬ」

「所詮人生がバカげたものなのだから、恋愛がバカげていても、恋愛のひけめになるところもない」

「われわれの愚かな一生において、バカは最も尊いものであることも、また、銘記しなければならない」

「ただ、われわれは、めいめいが、めいめいの人生を、せい一ぱいに生きること、それをもって自らだけの真実を悲しく誇り、いたわらねばならないだけだ」

と、謳う『恋愛論』をお届けします。

 

恋愛の喜びと悲しみを、こんなに語り尽くせるなんて、と共感ポイントが目白押しの作品です。

この作品を、森優子、中佐和葉の朗読でお届けします。

 

 

三作品目は、安吾に多大な影響を与えた矢田津世子との日々を描いた『三十歳』です。

「偉大なる落伍者」でも描いた「死んだようなキス」の顛末が書かれた作品です。

 

この作品を、「偉大なる落伍者」で坂口安吾を演じた山崎修一と

矢田津世子を演じた「杉本ヒロ子」の朗読でお届けします。

 

チケット発売は、明日7/14(日)午前10時開始です。
----------------------------


「洋館ミステリ劇場リーディングシアター

『坂口安吾』」

日時:8月4日(日)11時 / 14時半

会場:和館S邸(神戸市中央区北野)

チケット代金:1,500円(自由席、要予約)

ご予約方法:
お名前、ご連絡先、ご希望日時と枚数、ご住所を明記の上

メール  ticket@g-foresta.com 

または 

FAX  06-6422-3488 までお申し込みください。

チケット発売:7/14(日)午前10時開始

| 稽古場日誌 | 09:55 | comments(0) | - |
#26「偉大なる落伍者〜無頼派・坂口安吾の狂奔〜」無事、終了いたしました!

G-フォレスタ#26「偉大なる落伍者〜無頼派・坂口安吾の狂奔〜」おかげさまで、好評のうちに無事公演を終えることができました!

公演を支えてくださったスタッフ・客演のみなさま、そして劇場までお運びくださったお客様、本当に本当にありがとうございました。

 

公演をご覧になったお客様より「安吾の言葉に私もがんばろうと思った」や「坂口安吾を読んでみたくなりました」等々…たくさんの熱い感想をいただきました。坂口安吾の魂の言葉を、少しでもお客様の心に届けることができて劇団員一同、とても喜んでいます。


次回は秋に洋館ミステリ劇場を予定しております。

詳細決まり次第、ブログ・SNSに公演情報をアップさせていただきます。

 

では、次はどこかの洋館でお会いいたしましょう。 制作 守家


 

| 稽古場日誌 | 01:48 | comments(2) | - |
井の中の蛙大海を知らずだが、満足を知る

あなたは今満足してますか?

「はい」と答えた方はこの芝居を見に来てください。きっと貴方の考え方が変わるはずです。

「いいえ」と答えた方はこの芝居を見に来てください。きっと貴方は自分に対しての考え方が変わるはずです。

私は強くそう思います。

初めまして。向井雅哉と申します。

この度はご縁があり、この舞台に立ちます。


私は満足という言葉が嫌いです。


安定すると満足します。

ですが、その安定を手放したくないと思い

成長や挑戦がストップしている気がしませんか?

安定し満足した時こそ「自らブレる」事が大事だと思っています。

「人間の尊さは自分を苦しめるところにあるのさ。満足は誰でも好むよ。けだものでもね」と言う坂口安吾の言葉があります。


今の現代人は自分を苦しめることには長けていると思っています。

変な話ですけどね笑笑

Instagramでは自分と同年代の人が楽しく

遊んでいる写真が数多く見れ

Twitterでは様々な人達の見たくない嫌な部分が多く見ることが出来

TVはポジティブなニュースよりネガティブなニュースが多い。

そして、何よりも。

自分に優しい人が減っていると思います。


最近、「自分が悲しいから泣いた」

「悔しいから怒った」

「楽しいから笑った」

「嬉しいから喜んだ」

こういう感情が素直に溢れ出たことは皆様ありましたか?

褒められた時に「いえいえ、そんなことないですよ。まだまだ私は未熟者です」と返した事はありませんか?

今回の舞台で1番好きな言葉があります。

「褒められておけばいいんだよ。謙虚は美徳じゃないんだぞ。」

その通りだと思います。

もっと人は自分に優しくなろう!


今回の舞台では坂口安吾の生き方や考え方等を俯瞰して見ている。そんな役柄をしています。

だからこそ、私にしか書けない文章があると思いこういう自己啓発めいた文章にしました。


真面目モードはここで終わり。

「今の自分にそこそこ満足してるけどもしかして私ってもっと人生を充実させれるかも?」

って思ってる人はぜひ見に来てね!

何か少しでもヒントあると思うでー!

モヤモヤしとる人やなにか具体的に分からんけど「うーーーん」って人もこの舞台はあなたのきっかけ作りをしてくれると思います!


では、もう一度。

あなたは今満足してますか?


向井雅哉


 


G-フォレスタ#26 「偉大なる落伍者無頼派・坂口安吾の狂奔」
提携:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)


【日時】2019年
6月14日(金)19時(ちょっとしたお楽しみあり)
6月15日(土)13時・17時
6月16日(日)14時
※開場は開演の30分前、受付は開演の45分前です。

【会場】神戸アートビレッジセンター KAVCホール
※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分、
JR「神戸駅」より徒歩約10分

【チケット料金】3500円(全席指定)

【チケットのお申し込み】
メール予約(チケット申込専用)ticket@g-foresta.com
※お名前、ご住所、ご希望日時、枚数、電話番号をお知らせください。
折り返しの返信をもって予約完了とさせていただきます。



| 稽古場日誌 | 23:14 | comments(0) | - |
どうも!五馬さとしです。

どうも!五馬さとしです。( ̄∇ ̄*)ゞ


イヤーいよいよ今週末に迫って参りました。『偉大なる落伍者』〜無頼派坂口安吾の狂奔〜

本番1週間前で演者達も稽古に熱が、入ります。



各々芝居の精度がどんどん上がってきてるので、今から本番が楽しみです。(ノ´∀`*)

坂口安吾好きにも、そうでないひとにもお薦めの作品なので、見に来る予定の方はもう一人づつお友達連れてきましょうね。( ̄∇ ̄*)ゞ

ちゅーてね。

ま、なにはともあれ皆さま楽しみしててくださーい!演者一同お待ちしております。m(__)m


G-フォレスタ#26 「偉大なる落伍者無頼派・坂口安吾の狂奔」
提携:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)


【日時】2019年
6月14日(金)19時(ちょっとしたお楽しみあり)
6月15日(土)13時・17時
6月16日(日)14時
※開場は開演の30分前、受付は開演の45分前です。

【会場】神戸アートビレッジセンター KAVCホール
※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分、
JR「神戸駅」より徒歩約10分

【チケット料金】3500円(全席指定)

【チケットのお申し込み】
メール予約(チケット申込専用)ticket@g-foresta.com
※お名前、ご住所、ご希望日時、枚数、電話番号をお知らせください。
折り返しの返信をもって予約完了とさせていただきます。



| 稽古場日誌 | 23:53 | comments(0) | - |
こんにちは。こんばんは。

こんにちは。

こんばんは。

ステージタイガーの谷屋です。



お久しぶりでございます。

昨年の「乱歩の嘘」に続き出演させていただきます!

嬉しい。


さて、もう来週が本番!

「偉大なる落伍者〜無頼派 坂口安吾 の狂奔〜」


谷屋は、客演の向井雅哉くん、岩本はるかさんと

共に劇中のとあるパートを担わせていただいております♪

さぁてどんなパートでしょね。

御二方とも…なにより若ぇ!フレッシュ!

自劇団でも若ぇのいますけど、毎度お稽古で若さを吸収させてもろてます、ありがとうございます(笑)

その若さと、中年の僕が上手いこと活きてるとこを乞うご期待✩です。


そして、その他客演陣も素敵!

まずは五馬さとしさん!



…僕の自劇団の前身劇団出ていただいてぶり…十年ちよっと…ほんまお久しぶりです!

相変わらず、場の空気を一瞬で持っていく華と、変態的な(褒め言葉す)共感能力!毎度勉強になります!


そして、栖 参蔵さん!



実は初共演…かも!?

僕が小劇場入り始めた頃から仲良くしていただいて…二十年越し、ですか(笑)

今回一番、第二稽古にお付き合いいただいてます、ありがとうございます♪

参蔵さんはスナイパー!

確実にシーンで果たす仕事を、がっつり仕留めはります…僕の大好きなブロッケンJrと一緒ですね!…や、そこまで泥仕合はなさりませんけども。


最後は一年越しの共演、小城幸久くん。



昨年、乱歩の嘘でめっちゃお手伝いをいただいて、一年後同じ場所に立てるなんて…なんだか運命感じちゃう(笑)

…今回一番の、飛び道具かも。よ。ふふふ


しっかし何より注目は!

やっぱり主役・坂口安吾を演じる山崎さん!



そりゃタイトルからして坂口安吾の狂奔ですからね(笑)

膨大な台詞を操りながら人生を揺蕩う…やっぱり今回一番のお楽しみですー。


やー。坂口安吾さんでやっぱり有名なんは「堕落論」、「白痴」、「桜の森の満開の下」…ですかね、この作品に関わらせていただいてとりあえず「堕落論」はまた読ませてもろたのですけど…今を生きる皆様にも是非また読んでもらいたーい。


今年も夏本番を控えたこの季節!

今年も、この夏の一冊を今年を坂口安吾で楽しむために、来週末は新開地は神戸アートビレッジセンターへどうぞ起こしやす♪


…あれ、京都弁か、神戸やとなんて言うんやろ。


本番まであと1週間!


劇場でお待ちしております!





★「偉大なる落伍者〜無頼派・坂口安吾の狂奔〜」チケット絶賛発売中です!

チケットのお申し込みはこちらです→ ticket@g-foresta.com


 


【タイトル】G-フォレスタ#26「偉大なる落伍者〜無頼派・坂口安吾の狂奔〜」作 丸尾 拓・もりかゆみ  脚本・演出 丸尾 拓

提携:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)


 


【日程】

 6月14日(金)19時(ちょっとしたお楽しみあり)

 6月15日(土)13時 / 17時

 6月16日(日)14時


 


【会場】神戸アートビレッジセンターKAVCホール

 ※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分

 JR「神戸駅」より徒歩約10分


 


【料金】3500円(全席指定)


 


ご予約お待ちしてます!!

| 稽古場日誌 | 23:39 | comments(0) | - |
出会いです!


お久しぶりです。またまたG-フォレスタさんにお邪魔しております、岩本はるかです(*´-`)

この度も出演致します…どうぞよろしくお願い致します。゚(゚´ω`゚)゚。


ではでは今日の稽古場!🗽


通し稽古前のごはん休憩。笑


今日ヒロコさんに「岩本ちゃんはアーティスト誰が好きなのー?」って聞かれたんですね。

わたくしは…尾崎豊が好きです。。

ふと色々思い出したんですが、彼の歌を聴くようになったのも彼が亡くなって約23年後。当時私は高校1年生で、最初はほんの興味でした。丁度お芝居を学び始めたのもこの頃です。

素敵な役者の方々はもちろん、今はもう会うことのできない人も。出会いはほんの少しの興味からも引っ張ってこれちゃうんだなーって思います。


『坂口安吾』高校時代、「あんご」って変わった名前やなぁくらいの認識でした。(´ω`)

この舞台に携わり、安吾について知るうちに、高校時代の謎も今になってわかることもあったり(*'ω'*)⁈


作り手の話を聞いた後もう一回同じ作品を観ると、見方や印象がガラっと変わる…というような、作り手サイドを覗く事も作品を楽しむ一つになるんじゃないでしょうか(^^)


安吾の文学に触れてみたい、そう感じていただけたらと思います。


それでは!6月14日 15日 16日

KAVCホールでお待ちしております♪( ´▽`)

| 稽古場日誌 | 00:24 | comments(0) | - |
好き 嫌い

どうも、
劇団大阪新撰組、栖 参蔵(すみか さんぞ〜)です。

初めての方も、お久しぶりの方も…

久しぶりに[Gフォレスタ]さんの舞台に立たせて頂くことになりました。
ありがたいです゜+.゜(´▽`人)゜+.゜
思えば、初めて参加させて頂いてから14年?15年?ぐらいになります。
その頃はまだ<役者>でしたね。
[Gフォレスタ]さんも、僕も。こうしていまだ舞台に立つことが出来ているのはとても嬉しいです。
昨今、先人の力により一般人が舞台に立つ(表現者としてお客さんと向きあう)事は簡単になりました。
もはや、<役者><演劇><ミュージシャン>というものは誰でも出来る時代です。
自らを表現する機会は自らで簡単に造れるのです。
ですが、40代以上(特に30代かな?)の人間が<表現者(人間)>である、あり続けることは、昔よりも今の方が難しいようです。
こんなに沢山の媒体が整っているのに不思議です。…と言いますか、沢山の媒体があるからこそ、人は<役者>にならないと生きていけなくなりました。
40を越えて<表現者(人間)>である者は、やはりそれなりに才能があるのです。
その才能とは、『経済力』でもなく、『技術』でもなく、『忍耐力』でもない。
ただ、ただ。
【暗闇を全力疾走できる】人
なのかな、と思います。
どれだけ闇に包まれても、ろうそくもマッチも無くったって、光を求める人。いや、創ろうとする人。

そういえば 坂口安吾さん も、そんな人みたいです。

坂口安吾さん、とっても面白い文章を書きますね。まあ、【かしこ】の人の書く文章なので、好き嫌いは出そうですが。
(あ、これはあくまで個人的な意見☆)
彼の人生については、ちょっとググると出てきますのでそちらをご覧下さいな♪

たぶん、彼をちょっと知ると彼を嫌いになるんじゃないでしょうか?少なくとも僕は嫌いになりました。

第一印象(文章)はとっても素敵。
知り合ってみたら最低の男。
仕事だから仕方なく一緒にいると、以外と男気あるじゃない。ちょっと、付き合い方を改めないと…
(今、この辺りです。)

さて、このあと僕と坂口安吾さんとの関係はどうなるんでしょうか?

あ、もちろん脚本はちゃんと出来上がってますので勘違いなく☆
こないだの通し稽古は2時間弱でした。ご参考までに。

真ん中の青い人。
栖 参蔵(すみか さんぞ〜)でした。
゜+.゜(*´∀`)b゜+.゜






| 稽古場日誌 | 00:00 | comments(0) | - |

暑い季節がやってきました。稽古もいよいよ熱を帯びてきて、稽古場は猛暑です。みなさまご無沙汰しておりました。山崎でございます。




今回はいろいろと考えさせられる作品です。例えば、「人間はどこから来てどこに行くのだろう」とか、「人間の意思を為すもの、その強弱を決定するものは何か」とか、「魂って何だろう」とか、そんなことを考えています。

時代に名を残す人というのは、もちろん偶然の要素もあると思うが、ある種強烈な、何か精神的、魂的素養の持ち主で、それによって時代に奇跡を残す必然性があったのではないのだろうか。

そして、日常の生活を営んでいるごく普通の人たちも、そのような素養を持っていて、何か歯車の噛み合わせのようなもので、時代の表に出て来てしまうようなこともあるのかもしれない。

人は生きて、何を考え、何を感じ、どう行動どうするか、文字にするとこの単純なことに尽きるけれど、でもその結果は人それぞれ。
人間というものの不思議さ、可笑しさ、醜さ、強さ、弱さ、脆さ、矛盾、そして凄さ、素晴らしさを考えさせられる。

人というのは、伝える欲求を持って生きる生き物なのだと思う。その伝えるという行為が、時には囁きであったり、叫びであったり、笑いであったり、号泣であったり、様々な手段がある。強烈に届く伝えは、心やその奥の魂と呼ばれる人の核に直接届いて、共鳴してしまう。そこに行き着いた人たちが時代に名を刻んできたのだと思う。

多くの魂を揺さぶる作品を後世に残した坂口安吾。そんな彼の魂を感じに来てください。
みなさまのご来場をお待ちしております。劇場でお会いしましょう。どうぞお楽しみに!!


| 稽古場日誌 | 19:21 | comments(0) | - |
本公演ですよ!

最近暑くて半袖でいけそうだったり、

かと思えば夜寒くて上着がないとダメだったり、一体どの服装で家を出ればいいんだ!?と悩んでます。

あっ、どうも

シアワセナゲキダンの小城です。


今回も有難いことに役者でお邪魔しています。

しかし今回はいつもと違うのです。

何が違うか………初めてG-フォレスタさんの本公演にガッツリと参加なのですよ!


今まで洋館ミステリの方には出演していたのですが、実は本公演は初めてだったりします^ ^

(声とかだけはありましたが)


しかも私自身がKAVCホールに役者で立つのが初めてなので、さすがに緊張してます(汗


そしてさらには初めて共演する大先輩の役者の皆様。




いや〜、やる気が出ますね(笑


まぁ色々今までと状況が違いますが、いつもと変わりなく私がやれることをやっていこうと思います^_^


それでは皆様、劇場でお会いしましょう♪

小城幸久でした(^^)

| 稽古場日誌 | 21:01 | comments(0) | - |
お祓いにいきました

毎年恒例のお祓いをしてきましたよー!
今年も、千客万来、そして無事に皆さん怪我や事故もなくお芝居ができますようにお願いしてまいりました。





この日は、お茶菓子のお接待があり、よもぎ餅とお茶もいただけて皆さん素敵な笑顔です(笑)
これで今年もバッチリですね!

さてゆっくり一息ついたあとはお稽古です。



お客様にも坂口安吾の世界にのめり込んでいただけますよう私たちものめり込みながらお稽古に励んでいますので、ぜひともお友達やご家族とご一緒に遊びにきてくださいね(*^_^*)        

 【日時】2019年
6月14日(金)19時(ちょっとしたお楽しみあり)
6月15日(土)13時・17時
6月16日(日)14時
※開場は開演の30分前、受付は開演の45分前です。

【会場】神戸アートビレッジセンター KAVCホール
※神戸高速「新開地駅」より徒歩約5分、
JR「神戸駅」より徒歩約10分

【チケット料金】3500円(全席指定)

【チケットのお申し込み】
◆メール予約(チケット申込専用)ticket@g-foresta.com
※お名前、ご住所、ご希望日時、枚数、電話番号をお知らせください。
折り返しの返信をもって予約完了とさせていただきます。

◆神戸アートビレッジセンター tel:078-512-5500

◆シバイエンジン
https://481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=2cbdd0753d&s=&                                

| 稽古場日誌 | 18:40 | comments(2) | - |
| 1/55PAGES | >>