CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
予約確認メールの届いていない方へ
今日までたくさんのご予約、本当にありがとうございます。
現時点までにお申込みいただいた全てのお客様には、
チケット部から予約確認メールを送らせていただきました。
 
万一、チケット部からまだ何の連絡もきていないという方がおられましたら、
メール事故、あるいはメール未着の可能性もありますので、
以下のアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。
 
連絡先:  ticket@g-foresta.com
 
メール未着などのトラブル対策のため、
 yahoo、hot mail等のフリーアドレスは出来ればご遠慮ください。
迷惑メール対策をされている方は「@g-foresta.com」のメールが受信
できるよう設定くださいますようお願いいたします
| 劇団情報 | 05:10 | comments(0) | - |
稽古も始まりました。

チケット発売から3日。

いつもたくさんのご予約ありがとうございます。

あ、丸尾です。


過日、顔合わせもあり、いよいよ稽古開始。

昭和の半ば、斎藤夜居という人がいました。

「創太の美学」という本を出している人です。


その人が、乱歩作品の半数は弟の通氏の手によるものであると言っているのです。


乱歩の代作については、横溝正史の手によるものをはじめ、いくつかの存在が知られています。

それが、斎藤氏の言うように、半数が代作だとしたら?


なぜそうなったのか、当事者たちは何を思っていたのか、

そこにスポットを当てた作品です。


稽古の滑り出しは順調、この先現れる困難も軽やかに乗り越えて、

皆様の元に届けたいと思って思います。

そうそう、こんなことをしたいと美術や衣装、メイクのスタッフさんに説明すると

一斉にうーんと唸られました。どうやら、また丸尾は無茶を言ってるようです。


さて、どんな風になるのか、それが僕自身も楽しみです。


ぜひ見に来てくださいね。

劇場でお待ちしています。


さてさて、一飲み。

| 稽古場日誌 | 14:37 | comments(3) | - |
本日13日(日)、チケット発売開始!

お待たせいたしました! 

 

いよいよ13日(日)朝10時より

G-フォレスタ #25「乱歩の嘘」のチケット発売を開始します! 

 

 

--------------------------- 

G-フォレスタ #25  乱歩の嘘」

作 丸尾 拓 ・もりかゆみ    

脚本・演出 丸尾 拓

 

 

日本ミステリー界の巨人・江戸川乱歩(本名:平井太郎)の創作の秘密に迫る-!?

乱歩の探偵小説を書いたのは、本当は誰なのか?

セミドキュメンタリータッチで描く、平井家の人々の、愛と疑惑の物語。

 

 

【日時】

7月  13日 (金) 19時

     14日 (土) 13時 / 17時

     15日 (日) 13時 / 17時

 

 

 ※開場は開演の30分前、受付は開演の45分前です。

 

 

【会場】 神戸アートビレッジセンター KAVCホール

 

神戸高速「新開地」駅より徒歩約7分、JR「神戸」駅より徒歩約10

 

 

 

 

【チケット料金】¥3500(全席指定席)

 

 

【キャスト】 

生田克正、山崎修一、田中幸彦、もりかゆみ、杉本ヒロ子、森優子、中佐和葉、倉増哲州(南森町グラスホッパーズ)、谷屋俊輔(ステージタイガー)、沼田俊也((株)キャラ)

 

 

【チケット発売日】 5月 13日(日) AM10時〜

 

 

【チケット申込方法】

web予約フォーム

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=a7484e0bc3

 

 

または、メール ticket@g-foresta.com まで。

お名前、ご連絡先、ご希望の日時と枚数、ご住所を

ご連絡ください。 

 

 

お一人でも多くの方のご予約を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

| 劇団情報 | 01:15 | comments(0) | - |
3月京都・喜多邸 「汚名をそそぐ」舞台写真です

3月喜多邸でのミステリ公演写真ができました。ハート

 

 

 

 


 


 

 


 


 

 

 

 


(撮影:佐伯亜由美)

 

ありがとうございました。<m(__)m>

 

| 公演写真 | 22:40 | comments(0) | - |
7月の劇場公演のお知らせ

7月本公演のチラシが出来ました!

 

そして本日は公演のご案内状を郵送する準備をみんなでしておりました。

近日中に、みなさまのお手元に公演のご案内が届くことと思います。
チケット発売日は、5/13(日)午前10時からです!

 

【タイトル】G−フォレスタ#25『乱歩の嘘』

 

【公演日時】

7月13日(金)19時公演

14日(土)13時/17時公演
15日(土)13時/17時公演

 

【会場】神戸アートビレッジセンター KAVCホール

 

【チケット】3500円(全席指定)

 

【チケットお申込み】ticket@g-foresta.com

★お申し込みはチケット発売日5月13日(日)AM10時から受付いたします

 

 

日本ミステリー界の巨人・江戸川乱歩(本名・平井太郎)の探偵小説を書いたのは、本当は誰なのか?
平井家の人びとの、愛と疑惑の物語。

| 劇団情報 | 03:24 | comments(3) | - |
ありがとうございました!


洋館ミステリ劇場 「汚名をそそぐ」
追加公演を含めた全ての日程を無事に終えることができました。
本当にありがとうございます。

駅から閑静な住宅街を通り歩きたどり着く喜多邸はとても素敵な和館でした。
お庭も綺麗で、お昼間はひよどりや色々な小鳥が遊びにきていたり自然豊かな風景を日当たりの良い縁側から見られて心が和みました。

そして喜多邸さんは光の取り込み方が素晴らしいのです。これは公演終わったあとに気づいたのですが、お部屋の中にトップライト(天窓)があり自然光が入るその場所の屋根は本来なら通常の瓦がある場所…。
では、どうやって光が入っているのか…と2階の窓から探してみると



見えづらいかもしれませんが、透明な瓦が付けられているのです。
この瓦のおかげでピアノのあるお部屋には上からも自然光がふんわりと入る仕様になっているのですね。

さて、洋と和が見事に合わさった光の空間でのミステリーはお話を更に怪しく見せてくれたようで惑わされて犯人に辿りつけず「悔しい〜!」とアンケートに書いてくださったお客様もちらほら(笑)
登場人物が少ないから簡単かと思いきや…?な作品でしたね。

役者の意味有りげな表情や仕草に引っかかってくださる素敵なお客様、アンケートを見ながら役者陣、喜んでおります。
次回もさらに楽しんでいただけるように、役者も怪しさに磨きをかけておきますね(笑)

今回は物販近くの場所で劇団員が回ごとに入れ替えてお客様をお見送りしていたのですがお客様から声をかけてくださったり、色々なお話ができたりと嬉しかったです。
公演を終えたあともゆったりと喜多邸を回って見ていただけて、ミステリーだけではなく喜多邸の魅力を存分に楽しんでいただける公演でもあったのではないかなと思います。

次回は、どんな場所でどんな事件が起きるのか…探偵の皆様、楽しみに待っていてくださいね。



その前に!
G-フォレスタは7月公演がここから本格的に動きだします。

洋館ミステリではよくお世話になっている「江戸川乱歩」とその乱歩の兄弟や周りにいた方との交流、そして『嘘』…

ぜひ遊びにいらしてくださいー!
また本公演の詳しい情報は、HPやブログ、Facebookに随時上げていく予定ですのでぜひチェックしてくださいね。

| - | 10:48 | comments(2) | - |
1周目も終わり…
中佐です!(*^^*)

1周目も無事に終わり、先日は最後の通し稽古!

2週目は劇団員の山崎から客演として来て下さる小城さんにバトンタッチして皆様をお迎えします!

久しぶりにお稽古するので小城さんもどこか高揚感?緊張?を隠せない様子でした(笑)


さてさて公演ですが…
1周目のお客様も楽しんでいただけているようでとても嬉しいです。
犯人当ての方は…回によって正解する方が多かったりいなかったり…となっています。
1周目の方はネタバレ厳禁!ですよ〜(笑)

2週目のお客様はどんな推理を見せてくださるのか…!
今から楽しみですね!


それでは皆様、お気をつけて来てくださいね!
明日、明後日と皆様が来られるのを喜多邸にてお待ちしております(^-^)


| 稽古場日誌 | 19:33 | comments(0) | - |
いよいよ本番でーす!
昨日小屋入りしまして
今日本番です!

今日は昨日よりもマイナス4℃下がっているとか…!!
暖かくしてお気をつけて来てくださいね(*^^*)

写真は、近くで椿が綺麗だったので…

そして喜多邸さんでーす
| 稽古場日誌 | 08:58 | comments(0) | - |
いよいよ

3月に入り、春の気配を感じると同時に

本番の空気も近づいてきました。

いよいよ、公演当日まで一週間をきりました…!

 

写真は、稽古時の打ち合わせより

 

追加公演まで完売したとのことで、沢山のお申込みをくださり

本当にありがとうございます!!

お越しくださるお客様により楽しんでいただくためにも、

より細かいところを創り上げていく日々です。

稽古も佳境。

 

週末はまた気温が下がるそうで、お越しくださるお客様は

どうか暖かくしていらしてくださいね^^

喜多邸で、皆さまにお会いできるのを心から楽しみにしています。

 

| 稽古場日誌 | 04:21 | comments(0) | - |
色付く、床
昨年3月に上演された、「消えた足跡」にて初参加した出本と申します。あれから約一年。本作「汚名をそそぐ」でもお邪魔させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。


この土日は通し稽古を行いました。始めから終わりまで流れを止めずに通すため、いよいよ本番が近づいてきたなと実感するのです。



画像は通し稽古の準備風景。

稽古では本番と同じ場所、セットで行うということはまずできませんので、こんな風に目印を付けて仮の空間を作り上げます。



カラフルですね。

普段私たちが「劇場」で行なっている公演では、基本的に一区間です。ですが、今回のような洋館(和館?)では複数の部屋を使いお客様にも移動をして楽しんでいただいています。

そう、色が違うのは別のお部屋、ということなのですね。


「劇場」での公演に慣れている私などは、自分の出番でなくなるとつい気が緩んでしまいがちなのですが、そうはいかないのがこの「洋館ミステリ劇場」。袖も裏口もない上に、何しろお客様との距離が非常に近い。例え視界に入っていなくとも、少しのお喋り、物音も簡単に響いてしまいます。そして、気付かれないように、次のシーンの準備を先回りしておかなければなりません。


目の前で繰り広げられるストーリーに没頭するも良し。ご自身の推理力を試されるも良し。裏でもしっかりと気を張ってる皆を想像する・・・のも、一つの楽しみ方なのかもしれませんね。


最後に、役者あるあるを。

2月28日・・・「まだ2月じゃん、まだまだ大丈夫大丈夫」

3月1日・・・「やべぇ、本番まで後一週間!あたふたアタフタ・・・」


あれ?これって私だけでしょうかね?



出本 雅博
| 稽古場日誌 | 22:13 | comments(0) | - |
| 1/166PAGES | >>